目の疲れから肩こりは起こるの?原因と解消法

 

仕事をしている女性

目の疲れは様々なことの原因となり、健康を害してしまうことも多いです。

 

特に肩こりとは密接な関係があることがわかっています。

 

目の疲れによる不快感に関しては、そこから徐々に肩こりを起こす筋肉の緊張につながることが多いため、そのような状況に陥るとも考えられます。

 

また、もし肩こりの原因がわからない場合には目の疲れを疑うと解決に至ることもあります。

 

日常的にスマートホンやパソコンを多用する場合医は特にその可能性が高いとも考えられます。

 

まずは、パソコンなどの画面を長時間見ないように心がけるといいです。

 

しかしながら、仕事などのやむを得ない場合もありますので、その時には、十分な休憩をとることも重要です。

 

ある程度の作業を終えたら、目を休ませると、一時的に回復するので、それを断続的に行えば、今までよりも楽に生活できるようになります。

 

また、日常的に目の疲れが続いていて、他の部分に異常を来すような状況であれば、単なる疲れではなく、眼精疲労という分類になることもあります。

 

そのような状況になる前に心と体をリフレッシュできるように気を付けることも大切です。

 

もしもひどい状況になってしまうと、精神面に及ぶことも考えられ、そのような時には肩こりなども治りにくくなり、慢性的な疲労になってしまうこともあります。

 

まずは、目の疲れの自覚症状が出てしまったら、ゆっくり休養をとることや、遠くを見て目を休めることなどを意識するといいです。

 

そこまでにならずに、普段から休息を重視した生活を送れるようになると、疲れにくくなり、それを要因とする肩こりの防止ににもなります。

 

目だけではなく様々な原因も考えられますので、目をいたわりつつ、体を動かすこともリフレッシュにつながります。