目の疲れの症状とは

 

目が疲れている女性

目の疲れが原因で起こる症状には、目の奥が傷んだり、まぶたなど目の周囲が痙攣したり、目の焦点が合わない、ショボショボするなどが挙げられます。

 

また、目だけでなく、その他の部位にも症状が現れることがあります。

 

頭痛が起きたり、肩が凝ったり、体の倦怠感などです。

 

このようなことが起こる原因としては、次のようなものがあります。

 

まずは目を酷使したことによる疲労です。長時間パソコンや携帯、テレビなどの画面を見続けることは目にとって大きな負担となります。

 

まばたきの回数も減ることから、目の乾燥が進み、更に疲れやすくなります。

 

また、視力を矯正している場合、コンタクトや眼鏡の度数が適切に保たれていないと、目に負担がかかり疲れ目の原因となります。

 

それでは、なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、目にある筋肉が関わってきます。

 

私たちがものを見る際、レンズの役割を果たす水晶体を、毛様体筋と呼ばれる筋肉で調整することでピントを合わせます。

 

この毛様体筋は近くのものを見ると緊張状態となり、長時間に渡って画面を見続けることは、毛様体筋の緊張状態をずっと続けることとなります。

 

そうしていく内に、毛様体筋は疲労状態となってしまうのです。

 

ちなみに老眼の場合は逆で、毛様体筋の筋肉が老化によって弱まることから、近くのものが見えにくくなります。

 

それでも、そのままの見えにくい状態で近くのものを見ようとすることで筋肉が疲労し、目が疲れやすくなってしまいます。

 

以上のようなことを防ぐためには、適度な目の休憩をはさみ、目を労わることが大切です。

 

長時間の作業を連続で行わずに休憩を入れたり、視力を矯正している場合は適切な視力を保ちましょう。

 

また、目が疲労している時は、温めたタオルを当てて血流を良くすると改善されやすいです。

目の疲れの症状記事一覧

目の疲れは様々なことの原因となり、健康を害してしまうことも多いです。特に肩こりとは密接な関係があることがわかっています。目の疲れによる不快感に関しては、そこから徐々に肩こりを起こす筋肉の緊張につながることが多いため、そのような状況に陥るとも考えられます。また、もし肩こりの原因がわからない場合には目の疲れを疑うと解決に至ることもあります。日常的にスマートホンやパソコンを多用する場合医は特にその可能性...